新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。エッセーです。 しばらく更新していなくて、楽しみにしてくださっていた方には申し訳ありません。 実はRaspberry Piで電子工作をするのにちょっとハマっていまして、読書とかブログに手が回っていませんでした。 長く休載していましたが、おかげで、電子工作に対して満足の […]

実は知られていない「初心忘れるべからず」のほんとうの意味

こんにちは!エッセーです。  よく企業などで不祥事が起きた際に、「初心に戻ってがんばります」といった発言を聞きます。  また、新入社員などの新しく組織に貼った人も、「初心を忘れずにがんばります」のようなことを行ったりしますよね。  私も、「ブログを続けていく時に、始めたときの気持ちを大事にしよう」と […]

「人生を通してやりたいこと」は決めないほうがいい?

  • 2020.11.14

はじめに こんにちは。エッセーです。  突然ですが、私は時々死ぬ夢を見ます。  何の変哲もない、事故的な死に方をすることもありますし、「ああ、今日が終われば死ぬんだなぁ」と確信を持って生きて、いつもどおりの一日を過ごして、布団について寝るのと同時に死ぬ、みたいな夢も見たことがあります。  そんな、死 […]

より深く読みたい人に贈る、「わかったつもり」からの脱出方法

はじめに こんにちは!エッセーです。  私は本を読み終わった後で、本を見返してブログを書いています。 その時によく、「あれ?読んだときの解釈と違うことが書かれているぞ?」となります。  典型的な、「わかったつもり」ですね。一度読んだ本も、よくよく読むと、このように理解が訂正されていくことがあります。 […]

感情を制御し、猿の脳から人の脳に!

はじめに  こんにちは! エッセーです。  最近、感情が記憶や思い出にとって大事であることを書きました。 関連ブログ:雑記:思い出と言葉  今回は逆に、感情はゴミだ!と述べている本を紹介します。  今回紹介する本はこちらです。  この本は、生産性を高めるために、頭の中の多くのゴミを捨てることを提案し […]

雑記:思い出と言葉

はじめに こんにちは!エッセーです。  今回は、雑記です。書籍を読んで思ったことをつらつらと書いていきます。  先日紹介した本の『消えたい』では、養育者によって感情を教えてもらえなかった人が、他者と感情を共有できず、記憶と呼ばれるものが形成されないことを書きました。 関連ブログ:異邦人から見る、「普 […]

ナチスの収容所を生き残るのに必要だった”希望”とは?

はじめに  こんにちは! エッセーです。  今回紹介する本は、フランクルの「夜と霧」です。  この本、以前からめちゃくちゃ読みたかったんですよ~  Kindleセールで安くならないかなぁ、とずっと思ってたんですが、ついに我慢できなくなって買っちゃいました。  タイトルは、第2次世界大戦時に、ナチスが […]

誰でも楽しくできる、円周率100桁おぼえる方法

はじめに こんにちは!エッセーです。  以前のブログで5分あれば、40桁くらいの数字を覚えられる方法があると書きましたので、今回はその方法について書いていきます。  記憶の基礎力を上げる方法については、関連ブログを見てください。 今すぐできる、超記憶の基本 円周率って何桁言えますか?  実は私も16 […]

異邦人から見る、「普通の」世界と存在

書籍と著者について こんにちは!エッセーです。 今回取り上げる本は、高橋和巳『消えたい ──虐待された人の生き方から知る心の幸せ』です。  この本の著者は、精神科医の方で、カウンセリングを通して理解した児童虐待を受けた方々の世界観について書かれた本です。  著者によると、虐待された患者は、普通の人に […]

少数派の影響が最強説

はじめに こんにちは!エッセーです。  以前のアッシュの実験を取り上げたブログでは、多数派の同調圧力について述べました。今回は逆に少数派の影響力について書きます。 関連ブログ: 日本人とアメリカ人の同調圧力への強さを比較した結果が衝撃的だった  多数派の影響力は大きいが、少数派の影響力は小さいものと […]

1 2 7